胃潰瘍 良い 食事

胃潰瘍に良い食べ物とは!?オススメを紹介

スポンサーリンク

 

胃潰瘍を発症してしまうと胃粘膜までを消化してしまいます。
このような状態になると胃壁が傷ついてしまいます。

 

胃潰瘍の痛みはさまざまですがこの病気に良い食べ物とはどのようなものがあるのでしょうか。

 

今現在は医学の進歩によってその原因であるピロリ菌などを殺菌するのは薬で可能です。
胃が弱っている状態で脂っこいものや味付けの濃いもの、刺激の強いものを食べるというのは避けましょう。
カフェインやニコチンなども注意が必要です。

 

食生活で気を付けなければいけない点を3つ紹介します。

 

「消化がいいもの」を摂りましょう。
「規則正しい時間」に摂りましょう。
「ゆっくりと」摂りましょう。

 

治療している時期にはこの3つに気を付けて過ごしましょう。
消化にいいものとは食物繊維や脂肪が少ないものですのでおかゆやうどんなどもおすすめです。
規則正しい時間にゆっくりと時間をかけて食べましょう。
その際にも暴飲暴食は厳禁です。
腹八分目を心がけてください。

 

スポンサーリンク

 

胃酸の分泌を抑えるものを紹介します。
キャベツ、ホウレンソウ、ブロッコリー、ひじき、納豆などがオススメです。

 

ビタミンUは胃酸の過剰分泌を抑えてくれますので積極的に食べましょう。
ビタミンUは熱に弱いですのでキャベツなどは千切りなどにして生のまま食べるのが効果的です。
長いも、山芋、納豆、小麦粉製品などは胃の粘膜を保護するのみ役立ちます。

 

ビタミンA、ビタミンEの含まれているホウレンソウ、ウナギ、かぼちゃ、にんじんなどは胃の修復を促す効果を期待できます。

 

白身魚や鳥のささみは良質なたんぱく質です。
脂肪分も少ないので肉が食べたくなった場合には牛肉や豚肉は避けてこちらを食べるようにしましょう。

 

療法はできるだけ薄味で刺激の少ない味付けが好ましいです。
飲み物は常温のほうが胃に優しいものになりますので冷えすぎたものは避けましょう。
このように胃潰瘍に良い食べ物はまだまだたくさんありますので食生活を正しくして過ごすようにしましょう。

 

スポンサーリンク