胃潰瘍 病院 何科

胃潰瘍は病院は何科を受診すればいいの!?

スポンサーリンク

 

胃潰瘍の症状が腹部の痛みや胃の不快感などが挙げられます。
そのほかにも吐き気や嘔吐、下痢、食欲不振、背中や腰の痛みなど、その症状はさまざまです。

 

胃潰瘍が疑われるような場合には病院は何科に行けばいいのでしょうか。

 

胃腸のなどの消化器系に異常が出ていると感じた場合には「消化器科」へ行きましょう。
また内科でも胃カメラなどの検査ができますので内科でも大丈夫です。

 

この場合には大きい病院、総合病院などはオススメで胃に痛みが出ているけど腰痛もあるなどといった場合にはおおもとの病気の場所がわからない時にはオススメです。

 

この場合は内科などを受診しても腰痛などのヘルニアと診断される場合もありますので内科でなければ違う科へまわしてもらえますのでそのような場合には便利です。

 

内臓系の痛みというのは痛みが確定的ではない場合が多くあります。
例えば盲腸の場合は右下腹部に痛みが出ると言われていますが人によっては腹部全体に痛みが出たり、左下腹部に痛みが出る場合もありますので確定的ではありません。

 

スポンサーリンク

 

このように似ている病気についても紹介しておきましょう。

 

胃散過多のような場合にも同じような症状が出ます。
胃潰瘍というのは胃酸が多く出ている場合が多いいですので症状が似ています。

 

胃炎も同様です。
胃酸の分泌が多くなることによって引き起こされます。
ストレスが原因となっている場合には神経性胃炎というものがあり、自律神経の乱れによって起こる場合もあります。

 

同じ潰瘍でも十二指腸潰瘍と呼ばれるものもあります。
この場合は十二指腸に潰瘍ができます。
十二指腸潰瘍の場合には空腹時に症状が出るという特徴があります。

 

胃潰瘍の場合は食後に症状が出るという特徴がありますので食後か食前化によって判断できるとも考えられます。

 

このように紹介した病気以外にも似ている病気がいくつかあります。
おかしいと感じた場合にはすぐに病院へ行くようにしましょう。
その場合は消化器科、もしくは内科へ行きましょう。

 

スポンサーリンク