胃潰瘍 内視鏡手術 費用

胃潰瘍内視鏡手術の費用について

スポンサーリンク

 

胃潰瘍の原因はストレスなどが原因と言われています。
ストレスや生活習慣の乱れなどによって胃の中のバランスが崩れてしまうことによって起こります。

 

胃液の中の成分であるペプシンと塩酸が胃を保護している粘膜を消化してしまうことによて起こります。
消化してしまうことによって傷つきただれてしまいます。
この状態のことを潰瘍と呼んでいます。

 

ストレス社会と言われている現代にとっては珍しくない病気になってきました。
健康な若い年代の人も発症する可能性は考えられる病気です。

 

その治療法は主に「薬物治療」によって行われます。
ただし症状が悪化している場合には内視鏡や開腹手術が行われることもありますので、その期間と費用についてお話していきましょう。

 

手術に関しては穿孔や狭窄がひどくなっていて大量出血がある場合には開腹手術が行われます。
しかし開腹するということは患者に大きな負担がかかってしまいます。

 

そこで最近では内視鏡を使用した施術が広く行われるようになってきました。

 

スポンサーリンク

 

これは胃カメラとは違いリアルタイムで映像を見ることが出来ますし、メスや鉗子、止血用のクリップなども内視鏡から挿入できます。

 

胃潰瘍の場合、出血していることも考えられます。
その費用を載せておきますがおおよその値段になります。

 

検査だけだと約5000円〜1万円ほど、潰瘍が見つかって生検検査を行う場合は1万円〜2万ほど、切除などの治療を行った場合は2万円〜3万円ほどかかります。

 

ここに載せた金額は保険適用となった場合の3割負担のおおよその費用です。
自己診療となってしまう場合には全額支払う必要がありますので注意してください。

 

おおよその額ですので病院によっても異なりますので詳しくは病院へ行くか電話などで確認するようにしましょう。
内視鏡手術はそのときの症状などによって受けられない場合もあります。

 

嘔吐などがひどい場合には鎮痛剤などを使用することもありますので詳しくは医師に相談しましょう。

 

スポンサーリンク