胃潰瘍 うつる 感染

胃潰瘍はうつる!?感染原因はピロリ菌だった!

スポンサーリンク

 

胃潰瘍の原因にはさまざまなことが考えられます。
ストレスや解熱鎮痛剤(NSAIDs)によるもの、生活習慣の乱れ、ピロリ菌などが代表的な原因として挙げられます。

 

主に解熱鎮痛剤とピロリ菌が原因であることが多いとされていますが「うつる」可能性があるのはピロリ菌です。

 

このピロリ菌について詳しくお話していきましょう。

 

ピロリ菌とはヘリコバクター・ピロリと呼ばれる細菌です。
この細菌の感染原因というのは詳しくは解明されていないのが現状です。

 

主に口から入ることによって侵入してきます。
その経路は汚染された不衛生な水やゴキブリなどの虫が家の中に運んでくるといったことが考えられています。

 

これは子供の頃に感染してしまうと除菌されない限りは胃の中で生き続けます。
大人になってから感染すると胃に異常がみられる場合が多いようです。

 

ピロリ菌は胃の粘膜に住み着きますので胃の粘膜というのは胃自体を胃酸から守る働きがありますので胃の粘膜に住んでいるピロリ菌は殺菌されることはありません。

 

スポンサーリンク

 

しかしピロリ菌はうつる可能性は低いと考えられています。
この菌に感染するのは5歳以下の子供がほとんどです。

 

子供の胃の中は酸性が弱いためピロリ菌が生き延びやすいとされています。
今現在の日本では下水道なども完備されており生水を飲む機会の少ない現代では感染率はとても低いです。

 

しかし大人がこの菌を持っている場合には注意が必要です。
大人が口にしたものを子供に食べさせる場合などにうつしてしまう可能性はゼロではありません。

 

大人から大人へと移してしまう可能性は限りなく低いと考えられていますのでそこまで心配するものではないかもしれません。

 

ピロリ菌は自分が生きるために胃の粘膜の中に毒素を作ります。
そのため胃の粘膜が毒素によって傷つけられてしまっているため、ストレスなどの自律神経の乱れなどによって胃が傷つけられ胃潰瘍が出来てしまうとも考えられています。

 

可能性としては低いですが不衛生なものからうつる危険性はありますので清潔なものを使用するようにしましょう。
普段から胃潰瘍の予防を行っていきましょう。

 

スポンサーリンク