胃潰瘍 全治 期間

胃潰瘍の全治の期間はどのくらい??

スポンサーリンク

 

胃潰瘍になってしまった時の症状はさまざまで腹部の痛みや胃の不快感、胸やけやゲップ、吐き気や下痢などの症状が出るときもあります。
腹部の痛みはみぞおちから左側にかけて鈍い痛みが出ると言われています。

 

ただしこれは人によって痛みの出方や症状などは違いがありますので一概にそうとは言えません。
この病気になってしまった際の全治の期間を治療方法とともにお話していきましょう。

 

胃潰瘍の治療方法は多くの場合は「薬物治療」が行われます。
これはH2ブロッカーなどの酸分泌抑制剤などを使用します。

 

その期間というのは人によって異なりますがおおよそ1ヵ月〜2ヵ月ほどで治ると言われています。
ただしこれは症状がより軽い場合には1ヵ月以内で終わることもあったり、症状が重いと2,3か月かかるといった場合もあります。

 

ここで重要なのは再発を防止するということです。
医師に指示された間は自己判断によって服用を中止するのはやめましょう。

 

スポンサーリンク

 

自覚症状が無くなっていても薬を必要としている場合もありますのでしっかりと服用するようにしてください。
食事にも注意が必要で治りを早めるためには暴飲暴食などは避けましょう。

 

生活習慣の乱れは原因の一つにも指摘されていますので規則正しい生活とバランスの取れた食事というのは大切になります。アルコールやカフェインのような刺激の強いものも避けるようにしてください。
出来る限り回復に努めるようにしましょう。

 

症状が悪化している場合には内視鏡手術や開腹手術などによって治療を行う場合もあります。
これは出血や、狭窄、穿孔などの症状がみられる場合には手術によって治療を進めていきます。

 

タール便や吐血、貧血といった症状が出ている場合には注意が必要です。
すぐに治療を行わないと危険となる場合もあります。

 

手術を行った場合は入院をする必要もありますので重症度によって全治の期間が延びてしまいます。
この場合には退院までに約一週間〜二週間ほどです。
完治までには2,3か月かかることもあります。

 

スポンサーリンク