胃潰瘍 手術 日帰り

胃潰瘍は日帰りの手術がある!?相談してみましょう!

スポンサーリンク

 

胃潰瘍とは解熱鎮痛剤やピロリ菌、ストレス、生活習慣の乱れになどによって引き起こされる胃の病気です。
このような原因によって胃酸と胃の粘膜のバランスが崩れることによって胃の中が胃酸によって傷つけられただれてしまいます。

 

その症状が主に腹部の痛みや胃の不快感、過酸症状によるゲップや胸やけ、吐き気、嘔吐などさまざまです。
症状が悪化している場合にはタール便と言われる黒い便や吐血、貧血などの症状が出てしまう場合もあります。

 

このように症状が悪化している場合には手術を行うこともあります。

 

「その場合は日帰りで行えるのでしょうか。」

 

基本的に胃潰瘍の手術は日帰りで行えません。
その種類は内視鏡で行うものと開腹して行うものの2種類があります。

 

開腹手術の場合は内視鏡で治療できないほどの出血や狭窄、穿孔などがみられる場合に行います。
症状がある程度軽い人は内視鏡で行う場合がほとんどです。

 

これは胃カメラを飲むのと同じで口や鼻から内視鏡を入れて行う方法です。

 

スポンサーリンク

 

ただし胃カメラとは違い、内視鏡はカメラだけではなくメスや鉗子、レーザー、電気などを出せるようになっており、その場で治療を行えます。
ポリープや腫瘍などにも使用できるとても重要な治療となっています。

 

この方法によって治療を行った場合は食事制限もかかる場合が多いです。
一般的には一週間程度の入院が必要となる場合がほとんどです。

 

しかし入院というのは特定の病気を除いて病院が強制出来るものではありません。
患者の意思により日帰りで帰りたいと伝えれば病院によっては帰宅を認められる場合があります。

 

ただしその危険性というのは理解しておいた方がいいでしょう。
まずは病院へ相談してみてください。

 

悪化したり再発の危険性も十分に考えられますので入院するのがいいかもしれません。
治療は完治まではしっかりと受けるようにしましょう。

 

薬は服用を自己判断で中止することは再発の恐れもありますので注意しましょう。

 

スポンサーリンク