胃潰瘍 治療 自宅

胃潰瘍の治療の際、自宅での注意点とは!?

スポンサーリンク

 

胃潰瘍になってしまった場合の多くは薬物治療によって行われます。
出血などを伴わない場合に通院のみで対処できる病気となっています。

 

胃潰瘍の治療法というのはどのようなものがあるかを見ていきましょう。
また自宅ではどのようなことに気を付ければいいのかもお話していきたいと思います。

 

この病気は胃酸を抑えるのが主たる目的となります。
薬はH2ブロッカーなどを使用して行います。

 

この段階では入院せず通院のみとなった場合は薬の服用を症状がなくなったからといって自己判断で中止しないというのが大切です。
これは再発を防止するためです。

 

再発を防止するためにも自宅での食事には気を付けましょう。
胃に優しいものを中心として食べることも治療の際には重要なこととなっていますので注意しましょう。

 

暴飲暴食やアルコール、喫煙、カフェインなどの摂りすぎにも注意してください。
刺激の強い香辛料や高脂肪なものも避けましょう。

 

これらのものは悪化や再発の危険性を高めるものですので避けることも大切です。

 

スポンサーリンク

 

胃潰瘍の原因がピロリ菌である場合には抗生物質を服用することで殺菌をするという治療法もありますのでその際はきちんと医師の指示に従うようにしましょう。

 

薬物治療のみで行う場合には入院する必要はありませんが症状が重い場合には手術などの治療を行うことがあります。
内視鏡や開腹手術をすることによって行いますがこの病気の場合は約1%〜2%ほどとなっています。

 

症状としては吐血やタール便、貧血などのように出血している場合や穿孔、狭窄が疑われるような場合は緊急手術になることもあります。

 

人によって入院期間は異なりますが早い人で1週間から2週間、症状によっては1か月から2か月ほどかかる場合もありますので症状が悪化しないうちに検査を受けることも重要です。

 

退院してからも薬の服用を継続している場合が多いのですが、その場合も同様に自宅では食事に気を付けるようにしましょう。
薬の自己判断による使用の中止も避けましょう。

 

スポンサーリンク