胃潰瘍 安静 理由

胃潰瘍で安静が必要な理由とは!?

スポンサーリンク

 

胃潰瘍を発症してしまうと胃が痛いなどの症状に見舞われてしまいます。
その原因はストレスやピロリ菌、解熱鎮痛薬(NSAIDs)の副作用などが関係しています。

 

これらの原因が胃に影響を及ぼすことによって発症します。
この病気になってしまった際の安静にしなければならない理由は身体の治癒力を高めるという意味でも不可欠だと考えられます。

 

それは胃潰瘍だけではなくすべての病気に言えることです。
胃潰瘍の場合はなぜ必要なのかについて考えていきましょう。

 

まずは胃がどのような状況なのかについてお話していきます。
胃は食べ物を消化する器官で中では強い酸が分泌されています。

 

それは胃酸と呼ばれるもので、これは胃自体すらも溶かしてしまうほどの強さです。
そのため胃酸から身を守るために胃粘膜を分泌しています。

 

通常、そのバランスはうまく保たれているのですが上記のようなことが原因となってバランスが崩れてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

そのため胃酸によって胃が傷つけられてしますので痛みなどの症状が起こります。
最近ではピロリ菌に感染している場合に発症しやすいとわかってきました。

 

ピロリ菌は胃の粘膜の中に住み着いています。
ピロリ菌が毒素を胃の粘膜に出して胃の粘膜に悪影響を及ぼします。

 

そこにストレスや生活習慣の乱れなどの負担がかかることによって発症してしまいます。
ピロリ菌を除菌する治療に合わせてストレスや生活習慣を見直す必要が出てきます。

 

症状が重くなっている場合には仕事を休むなど安静にすることが必要になる場合もあるでしょう。
最近では多くの場合は手術の必要はなく、薬物療法のみによって治療が行われるようになりましたので通院のみという人がほとんどです。

 

薬物治療は重要で症状が無くなったからと言って服用をやめることは再発の恐れがありますので注意してください。
治療中は運動を控えるなどの措置をとって安静にすることが大切です。

 

ストレスからの解放というのも一つの理由として挙げられます。
心身ともに休息をとりましょう。

 

スポンサーリンク