胃潰瘍 はちみつ 効果

胃潰瘍の治療にはちみつ!?驚くべき効果とは??

スポンサーリンク

 

胃潰瘍になる原因にはさまざまなことが考えられます。
多くの人がイメージするのはストレスによるものだと思いますが最近ではその考え方も変わってきています。
もちろんストレスも影響しているのですが「ピロリ菌」が大きく影響しているとの研究結果も出てきています。

 

そのピロリ菌に効くのが「はちみつ」と言われていますので、その効果とピロリ菌の影響についてもお話していきましょう。

 

ピロリ菌に感染する原因は今のところ詳しいことはわかっていないのが現状です。
経口感染すると言われており、生水などの不衛生なものから感染すると言われています。

 

上下水の整っている日本では感染数は減少傾向にありますが50歳〜80歳までの感染率は80%以上とも言われていますので、井戸水などを飲んでいた世代の人は感染してる傾向があります。通常、胃は胃酸で菌を殺菌してくれる働きがあるので菌は生きられません。

 

しかしピロリ菌は胃だけに住み着いてしまう菌です。

 

スポンサーリンク

 

それはウレアーゼと呼ばれるもので尿素を分解しアンモニアを作ります。
アンモニアは中性ですので酸性である胃酸からピロリ菌を守るバリアのようなものが形成されます。

 

このアンモニアなどが悪影響を及ぼします。
直接胃粘膜を傷つけたり、ピロリ菌から胃を守ろうとする防衛反応によって炎症などが起こってしまいます。

 

このピロリ菌を殺菌してくる効果を期待できるのが「はちみつ」です。
マヌカと呼ばれる花からとれるものが殺菌能力に優れていると言われています。

 

通常であれば胃潰瘍で下人がピロリ菌である場合には抗生物質が使用されますが副作用はあります。
しかしはちみつには副作用はありませんので安心して使用することが出来ます。

 

(ただし完全に殺菌できるという実証がないのが現状です)
他にも切り傷や擦り傷、風邪予防、整腸作用などさまざまな効果が期待できるものになっています。

 

しかし今はまだ研究の途中のようですがこの先、副作用がなく治療を行えるようになれば素晴らしいものだと言えます。
これからの成果に期待しましょう。

 

スポンサーリンク