胃潰瘍 原因 酒

胃潰瘍の原因の一つの「お酒」は胃にどのような影響を与えているのか?

スポンサーリンク

 

胃潰瘍というのはその名のとおり胃に潰瘍が出来てしまいます。
それは胃の粘膜が傷ついてしまい、表面がただれてしまい穴が開いてしまうことによって起こります。

 

なぜこのようなことが起こるかというと簡単にいうと胃酸が多く出ているためです。
自分で胃酸の量をコントロールできなくことでこのような状態になってしまいます。

 

胃潰瘍にはお酒が原因となって起こることがあるのでしょうか。

 

この病気には2種類あります。
急性と慢性胃潰瘍です。

 

主にお酒が原因となっている場合は急性であると考えられます。
飲み過ぎてしまうことによって胃に負担がかかるため、それがきっかけとなる場合があります。
これには以下のことが考えられます。

 

「胃酸が過剰に分泌される、胃酸が早くでてしまう、直接胃の粘膜を傷つけてしまう、食べ過ぎる、胃の粘膜が硬くなる」

 

このようなことが挙げられます。
アルコールには胃酸を多く出そうとさせる促進作用がありますので胃酸過多となってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

そのため胃酸が胃の粘膜を傷つけてしまいます。
上記に書いたように傷つけてしまうとただれて穴が開いてしまいます。

 

食べ過ぎてしまうということはアルコールによって限界を超えて食べてしまうことがあります。
これは胃に負担が大きくかかりますので注意しましょう。

 

食べ過ぎという状況もありますが飲んでいる状況で食べないというのも負担になりますので気を付けましょう。
他にもアルコールはタンパク質を固くしてしまうという性質がありますので胃の粘膜にはタンパク質が含まれていますので胃の粘膜自体を固くしてしまいます。

 

通常は胃の粘膜が柔らかいと食べ物が直接粘膜にぶつからないようにしてくれますが粘膜が固くなることによってクッションの役割をしなくなりますので傷つけてしまうことがあります。

 

お酒が原因となって発症してしまう場合もあります。
適度に楽しみながら飲むようにしましょう。
またコーヒーも原因となると考えられていますので注意しましょう。

 

スポンサーリンク