胃潰瘍 胸の痛み

胃潰瘍で胸の痛みが出る理由とは??

スポンサーリンク

 

胃潰瘍になった場合はさまざまな症状が出ます。
人によっては痛みが全くでないという人もいれば、すごく痛いといった人もいますので個人差はあります。

 

まずは代表的な症状を紹介していきましょう。

 

胃の痛み、不快感、胸やけ、みぞおち辺りの痛み、吐き気や嘔吐、酸っぱいゲップと言われています。

 

その原因は胃酸が多く分泌されることによって起こっていますので胸やけやゲップなどの過酸症状というのは最も出やすいです。

 

症状が悪化している場合には吐血やタール便のような黒い便や貧血などの出血を起こしている場合もあります。
その場合には狭窄や穿孔も疑われますのでその場合には緊急手術となる場合もありますので注意してください。

 

これらの症状に合わせて胸の痛みや背中の痛みが出る場合があります。
それには胃の場所も関係してきます。

 

その場所とは胸の下、腰より少し上のやや左側に位置しています。
このように腰や胸に痛みが出るような場合は身体の左側に出やすいと言われています。

 

スポンサーリンク

 

そのためみぞおち付近の痛みというのは代表的な痛みですが、その痛みがやや上の胸辺りまで出る人もいます。
他に考えられるのは関連痛というものがあります。

 

これは他の場所から痛みが出ているのにも関わらず、神経が同じ束や隣接してる場合に脳が勘違いしてしまい他の場所が痛むというものです。
かき氷を食べたときにキーンとなる症状と同じです。

 

通常であれば喉や食道あたりに痛みが出るはずが頭に痛みが出るというものです。

 

これはこの病気に限らず他の病気にも言えることです。

 

ただし胸の痛みが違う病気の可能性もあります。
胸の辺りには肺や心臓、食道もありますので注意が必要です。

 

逆流性食道炎などは胸やけのような症状も伴いますので症状が少し似ていますので勘違いしてしまうかもしれません。
このように痛みというのはさまざまです。

 

人によっても痛み方や場所などは違いますのでおかしいと感じた場合には病院へ行き医師に相談するようにしましょう。

 

スポンサーリンク