胃ポリープ 原因 食事

胃ポリープの原因と食事対策

スポンサーリンク

 

胃ポリープはどのように出来るかご存知でしょうか。
よく健康診断で発見される等耳にすることがありますが、原因や食事対策等を正しく知っておきましょう。

 

 

【胃ポリープの種類と原因】

 

胃ポリープは主に、明確な原因は不明とされています。

 

・胃の粘膜がなんらかの原因で変化して形成されると考えられている「腺腫性ポリープ」
・胃の粘膜に潰瘍ができることが原因で過剰に粘膜が作られることによって形成される「過形成性ポリープ」
・こちらも明確な原因は不明ですが、女性ホルモンが原因と考えられている「胃底腺ポリープ」

 

大きく3種類があります。

 

【胃ポリープの特徴と症状】

 

通常、過形成性ポリープは2センチ行かの褐色、あるいは白っぽく、平坦なコブのような形をしており、2センチ以上ではガン化することもあります。
過形成性ポリープは胃の出口付近に出来やすいと言われており、ガン化することは稀とされています。
胃底腺ポリープは、胃酸等を分泌する胃底腺の粘膜に発生し、滑らかで、色の変化はない数ミリ程度の半球状の形をしています。

 

各タイプにおいて、多くは自覚症状はありませんので、X線や内視鏡検査によって偶然発見されることがほとんどです。
時々上腹部の不快感、痛み、吐き気等を感じる場合があります。

 

スポンサーリンク

 

【食事対策や予防について】

 

日頃の食事や習慣に気をつけることが一番の胃ポリープ予防になります。食事時間を守り、よく噛んでゆっくり味わって食べるようにしましょう。胃に負担がかかりやすい刺激物やアルコールはできるだけ控えましょう。

 

基本的な食事をしていれば特に意識する必要はありません。
暴飲暴食を避け、規則正しい食事を心がけることが大切です。

 

 

【治療方法について】

 

ポリープと聞くだけで、「ガンになったのか」と勘違いされやすいですが、実際は切る必要のないポリープも多くあります。
治療方法としては小さなものは半年から一年に一度の検査をして経過観察になります。
大きなものは手術で切除をします。

 

 

【まとめ】

 

普段の食事に気をつけることによって胃ポリープを予防することは可能です。
また、胃ポリープが発見されたからと言って不安にかられる必要もありません。
医師の診察結果を受け止め、正しい治療に専念しましょう。

 

スポンサーリンク