大腸ポリープ 切除後 便秘

大腸ポリープの切除後は便秘になりやすいのか

スポンサーリンク

 

大腸ポリープの切除後には、便秘になりやすいと言われています。
もちろんその人の体質や体調によっても変わってくるのですが、しばらくは野菜を中心とした食事や、消化の良い食事を心がけるようにしないと、お腹の状態が悪くなるケースがあります。

 

 

【お腹の状態が悪くなるケースが多い】

 

大腸ポリープの切除後は、便秘になるケースが多いと言われていますが、便秘だけではなく、腹痛や下痢になるケースも多くなっています。
本来大腸というのは、食べた物を消化するための臓器です。
その臓器に内視鏡を入れて、大腸ポリープを切り取るので、当然切除後は大腸の調子がおかしくなってしまうのですが、通常は事前に医師から説明されることが多いでしょう。

 

もし説明が全く内容であれば、別の病院へ移った方がよいかもしれません。
普通は大腸ポリープの切除後に説明を行うのではなく、施術前に説明されるでしょう。
施術が終了してからは、このような食事をするように、安静にするようにと説明してもらえるはずです。
医師の言いつけを守ることで、下痢や便秘のような症状を出にくくすると共に、症状が出ても軽い状態で済むことが多いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【便秘にならないための対処法】

 

大腸ポリープの切除後に、便秘にならないためには食事が重要になります。
注意しなければいけないことは、刺激物の摂取を控えること、脂っこい食事は控えることです。
辛い物や肉類の摂取はできる限り控え、野菜を中心とした食事をすることが大切になります。
他にも消化のよい食事をすることが重要です。大腸ポリープの切除後に、食事についての説明も行われるでしょう。

 

医師の指示通りに食事をすることも重要ですし、できる限りよく噛んでゆっくりと食べることも大切です。
あまり噛まずに飲み込んでしまう、もしくは早食いをしてしまうと、どうしても臓器に負担をかけてしまいます。
特に大腸ポリープの切除後は注意が必要です。
このような点に注意しておけば、便秘を予防することも不可能ではありません。

 

 

【まとめ】

 

便秘の予防法は、大腸ポリープの切除後だけではなく、普段の生活でも有効だと言えるでしょう。
もちろん施術後は特に重要な方法になるので、特に食事には十分注意しておかないといけません。

 

スポンサーリンク