胆嚢 ポリープ 消える 理由

胆嚢ポリープが突然消える理由

スポンサーリンク

 

胆嚢ポリープが発見されてからしばらく経過したら、突然消えるという事態が発生したという経験をした人もいるでしょう。
なぜ消えてしまうのかというと、当然理由があります。
そこで主な理由を知っておくことで、安心する人もいるでしょう。

 

 

【吸収されてなくなってしまった】

 

病院での検査や健康診断などで、胆嚢ポリープが発見された経験がある人もいると思います。
しかし、しばらくしてから検査をしたら、胆嚢ポリープが消えるという結果が出ることもあるのです。
なぜ消えるのかというと、その理由としては吸収されてなくなってしまったのではないかと考えられます。
吸収して消えてしまうものなのかと思う人もいるでしょうが、実際にはありえることです。

 

例えば胆嚢ポリープが発見されたことで、生活習慣を改善して消火や吸収がよくなったとします。
このような場合、小さな胆嚢ポリープであれば、消えてしまうこともあるのです。
特に脂肪肝や脂質異常症が改善されることで、消えることも十分考えられると言えるでしょう。
もちろん生活習慣が悪くなれば、再び現れる可能性も十分あります。

 

スポンサーリンク

 

【他にもいろいろな理由がある】

 

胆嚢ポリープが消える理由はいくつかあるのですが、生活習慣が改善されたこと以外にも、理由がいくつか存在しているのです。
それは元々胆嚢ポリープではなく、別の物であった可能性や、硬化して胆石化してしまったなどがあります。
このような理由から、発見されなくなることもないとは言えません。

 

特に最近は医師の診察ミスなどがあるので、別の物を胆嚢ポリープだと診断してしまう可能性もあるでしょう。
そうすれば消えるのは当然の結果です。
また、硬化して胆石化してしまうことにより、別の物に変化することもあるのですが、結果的にはよかったと言えるでしょう。

 

 

【まとめ】

 

急に胆嚢ポリープが消えるのではなく、消えてしまうには理由が必ず存在しています。
ただし、再び現れてしまう可能性も全くないわけではありません。
どのようにすれば予防できるのかを知っておき、実践することも大切です。

 

スポンサーリンク