大腸ポリープ 1cm 良性

1cmの大腸ポリープであれば良性の可能性が高い

スポンサーリンク

 

大腸ポリープというのは、良性と悪性が存在しています。
悪性の場合には即座に切除が必要になることはいうまでもありませんが、良性でもできれば切除しておくべきでしょう。
ただし、1cm未満であれば様子を見ることを選択しても問題はありません。

 

 

【1cmを超えると良性でも危険】

 

大腸ポリープには、大きく分けると良性と悪性が存在しています。
悪性の場合には即座に切除しなければいけないのですが、良性であれば問題ないと言われているものの、1cmを超えてしまうと悪性化する可能性が出てくるのです。
そのため、1cmを超えている状態であれば、どちらかに関係なく切除してしまうべきでしょう。

 

そうしないとがんに発展してしまう危険も出てきてしまうのです。
大腸ポリープはどんどん大きくなってしまう可能性もあるので、もし1cm未満であっても、発見されたら切除することを希望する人も少なくはありません。
様子を見る場合でも、定期的に健康診断を受けておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

【大腸ポリープは加齢によってできやすくなる】

 

大腸ポリープは、健康な生活を送ってきた人であっても、年齢を重ねていくことでできやすくなるのが特徴です。
特にストレスや暴飲暴食が続いていた人は十分注意しましょう。
もちろん加齢だけが原因ではないのですが、多くの人が加齢によってできてしまうと言われています。
もし大腸ポリープが発見された場合には、きちんと調べてもらいましょう。

 

良性で1cm未満であれば、現在はそれほど心配はいりません。
もちろん悪性化する可能性もありますし、もっと大きくなる可能性もあるので、油断するべきではないでしょう。
ただし、悪性だった場合には、即座に切除しないと命に係わるでしょう。
なぜなら悪性というのは、がんのことを意味しているからです。

 

 

【まとめ】

 

検査などで大腸ポリープが発見された場合には、すぐに医療機関へ行きましょう。
1cm未満の大きさであり、良性であればまだよいのですが、悪性の場合にはすぐに切除しなければいけないからです。

 

スポンサーリンク