大腸ポリープ 切除後 飲酒 いつから

大腸ポリープの切除後はいつから飲酒が可能なのか

スポンサーリンク

 

通常大腸ポリープの切除後は、飲酒が禁止されているのが一般的です。
その理由は傷口から血が出てしまう可能性を高めてしまうからなのですが、いつからお酒を飲んでも大丈夫なのでしょうか。
もちろん人によって多少時期はずれることがあります。

 

 

【最低でも1週間は飲酒できない】

 

気になる大腸ポリープの切除後のお酒ですが、いつから飲むことが可能になるのでしょうか。
もちろん人によっても時期は異なります。なぜなら大腸ポリープの大きさによって、切除後のダメージも変わってくるからです。
ただし、最低でも1週間は飲酒禁止だと思ってよいでしょう。
これは大腸ポリープの大きさなどには関係なく、間違いなく飲酒ができなくなる期間だと考えておくべきです。

 

切除後はできる限り血流を高めないことが重要なので、お酒が好きな人には厳しいでしょうが、自分のためだと思って我慢しないといけません。
通常2日から3日ぐらいは入院になるケースが一般的ですが、当然入院中も飲酒は不可能です。
守らないと血便が出てしまう可能性もありますし、思わぬ事故に繋がることもあるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【いつから飲めるのかは状態によって変わる】

 

大腸ポリープの切除後は、いつから飲酒が可能になるのかはその人の体調や、切除後の状態によって変わってきます。
大腸ポリープが比較的大きな場合には、その分ダメージを受けてしまうことになるので、1週間以上飲酒できない場合も珍しくはありません。
そのため、1週間というのは必要最低限の期間であり、状態よってはいつから飲めるのかはだいぶ変わってきます。

 

場合によっては2週間ぐらい飲めなくなることもあるので、基本的には医師から飲んでもよいと言われるまでは、
お酒は控えるようにするべきでしょう。
大腸ポリープを取り除いても、切除後に無理をしてしまうと、また入院や手術が必要になってしまう可能性もあるので、十分注意しないといけません。

 

 

【まとめ】

 

いつから飲酒が可能になるのかは、医師の診断を待つようになるのが一般的です。
そのため、いつから飲めるのかという日数を正確に明記するのは難しいものの、通常は1週間以上必要になります。

 

スポンサーリンク