大腸ポリープ 食事 制限

大腸ポリープ切除後の食事制限

スポンサーリンク

 

大腸ポリープを切除した後には、当然食事制限が必要になります。
どのような方法で行うのかは、担当の医師から必ず説明があるでしょう。
しかし、事前に知っておくのもよい方法なので、インターネットなどで調べておくことをおすすめします。

 

 

【基本は消化のよい食生活にする】

 

大腸ポリープの切除した後は、通常2日から3日ほどは入院が必要になります。
入院中は病院でしっかりと食事制限をしてくれるので、特に心配する必要はないでしょう。
しかし、退院後もしばらくは食事制限が必要になるので、どのような食べ物を食べるべきなのか、または食べてはいけない食材や料理などもきちんと指導してくれるのが一般的です。

 

基本は消化のよい食事をすることなのですが、最近は家で食べる機会が減り、外食が多くなっていることから、家で食事を作らない人が多いと言えるでしょう。
そのため、どのような食べ物が消化によいのか知らない人も多いのです。
大腸ポリープの切除をする場合には、事前に制限ができるように、消化のよい食べ物の種類を確認しておくようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

【飲み物にも注意が必要】

 

大腸ポリープの切除に関係なく、通常は食べ物以外に飲み物を飲むことが多いでしょう。
そのため、食事制限を行う場合には、飲み物にも注意しておく必要があります。
当然ですがアルコールはいけません。
また、刺激の強い物も避けるべきなので、辛い物や炭酸飲料なども止めておくべきでしょう。

 

不安な場合には、どのような飲み物を飲んではいけないのかも、きちんと担当の医師に聞いておきましょう。
大腸ポリープを切除した後は、当然タバコもいけません。
タバコは害にしかならないので、よい機会なので完全に止めてしまうべきです。
また、熱い状態で飲み物を飲むのもできれば避けましょう。冷ましてから飲む分には問題ありません。

 

 

【まとめ】

 

大腸ポリープを切除した後の食事制限は、医師に任せてしまう人が多いでしょう。
しかし、どのように制限するのか、食べてはいけないものの種類などはわからないことが多いので、大腸ポリープを切除した後に必ず確認しないといけません。

 

スポンサーリンク