盲腸 ポリープ 手術

盲腸のポリープは早期に手術することが重要

スポンサーリンク

 

昔は盲腸の手術と言えば、ポリープを切除するのではなく、盲腸その物を取り除いてしまうことが多くありました。
しかし、現在では全てを取り除くのではなく、大腸と同じようにポリープだけを手術で取り除くという方法が一般的です。

 

 

【盲腸のポリープは臓器ごと取り除いていた】

 

よくお腹が痛くなると、盲腸ではと言われていたのですが、もしポリープができていた場合には、盲腸自体を手術して取り除いてしまうという治療法が一般的でした。
そのため、ある程度の年齢の人は、盲腸を取り除いてしまった経験がある人もいるでしょう。
しかし、現在では手術をして全ての取り除くのではなく、ポリープのみを取り除くというのが一般的です。

 

まずは良性であるか悪性であるのかを診断し、良性で小さな状態であれば様子を見てみるという方法もよく取られています。
良性であってもある程度大きい場合には、早めに手術をして取り除いてしまうこともあるでしょう。
手術とは言っても、お腹を割いて切除する昔のような方法ではなく、内視鏡を使ってポリープのみを取り除くという方法になります。

 

スポンサーリンク

 

【複数の病気が存在する】

 

盲腸の病気としてよく知られているのは虫垂炎でしょう。
虫垂炎の場合には、早急に治療を行う必要があります。
お腹の痛みが酷い場合には、早急に病院へ行って検査を受けなければいけません。
そしてもう1つがポリープと呼ばれている腫瘍ができる病気ですが、この場合には良性と悪性の2種類があります。

 

良性の場合には、大きさによって治療法や対策が異なるのですが、悪性の場合には早急に手術をして取り除く必要があります。
特に腫瘍の場合には、いきなり痛みが出るというわけではないので、早期発見が難しいと言えるでしょう。
ある程度の年齢になったら、定期的に健康診断を受けておくべきです。
また、信頼できてきちんと調べてくれる病院を選ぶ必要もあります。

 

 

【まとめ】

 

昔は盲腸の病気である虫垂炎やポリープであっても、早急に手術をして取り除いてしまうのが一般的でした。
しかし、現在では治療法が異なってきています。
それでも腫瘍の場合には、早く取り除く必要があります。

 

スポンサーリンク