大腸ポリープ 入院 日数

大腸ポリープを切除した後の入院日数

スポンサーリンク

 

大腸ポリープを切除するためには、内視鏡を用いて手術を行います。
手術後には当然入院しなければいけなくなるのですが、どれぐらいの日数が必要になるのでしょうか。
もちろんポリープの大きさや状態によって異なります。

 

 

【一般的な入院日数】

 

大腸ポリープを切除した場合には、入院日数というのは大腸ポリープがどのような状態であったのかで変わってきます。
小さくて良性であった場合には、少し休んでそのまま日帰りをすることも可能になりますが、一般的には2泊3日の入院が必要になるのです。
これはあくまで大腸ポリープの切除を行った場合の平均的な日数なので、もっと長くなることもあるでしょう。

 

必ず退院する前には検査を行うのですが、検査の状況によって、退院できるのかもっと長くなるのかが決まります。
大体3日前後で血便が出てしまう可能性が低くなりますし、痛みが発生してしまう可能性も低くなるのです。
もちろんその人によって回復力が異なっているので、事前の説明はあくまで平均的な入院日数だと考えておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

【短い場合と長い場合】

 

大腸ポリープの手術をした場合、入院日数はどれぐらいになるのかというと、早い場合には日帰りが可能です。
中には内視鏡を用いた検査を行ったことがある人もいるでしょうが、大腸ポリープが小さかった場合には、2時間から3時間ぐらい休んで帰宅できることもあるのです。
しかし、最近の医術では、大腸ポリープが小さい場合、放置することもあります。

 

定期的に検査をして、大きくなってから取り除くということも多いのです。
そのため、大腸ポリープを取り除いた場合には、3日ぐらいの入院が必要になります。
中には悪性の人もいますし、かなり大きくなっている人もいます。
このような場合には、かなり長い日数の入院が必要になるのです。

 

 

【まとめ】

 

多くの人が気になるのは、大腸ポリープを切除したときの入院日数でしょう。
必ずこれだけの日数で退院できるということはないので、検査を行ったときに、どれぐらいかかるのかをきちんと説明してもらいましょう。

 

スポンサーリンク