十二指腸が狭窄してしまう原因と治療法について

十二指腸が狭窄してしまう原因と治療法について

スポンサーリンク

 

十二指腸が狭窄してしまうという病気があります。
これは果たしてどのような原因で起きてしまうのでしょうか。
また、どんな治療法があるのでしょうか。
素人の方にも分かりやすく説明しましょう。
知識として知っておくことは大切です。

 

 

【十二指腸の狭窄とは】

 

十二指腸狭窄というのは文字通り十二指腸が狭窄してしまうという症状のことです。
これは狭くなっているのが特徴となっています。
これは生まれつき生じてしまう場合と後天的になってしまう場合があります。
何かを食べたり飲んだりした場合に狭窄部の手前にたまってしまうのが特徴です。

 

 

【どんな原因が考えられるか】

 

それではどうして十二指腸が狭窄になってしまうのでしょうか。
たとえば潰瘍やがんがきっかけとなって生じてしまうことがあります。
あるいは先天的になってしまうというケースもあります。
いずれにしてもすぐに治療をしなければいけないでしょう。
十二指腸狭窄を放置しておくべきではありません。
原因は医師の診断を受ければ特定してもらえるでしょう。
原因に合わせた対処をしてもらうべきです。
いろいろな原因が考えられます。

 

スポンサーリンク

 

【治療法について】

 

それでは十二指腸狭窄になってしまったならば、どのように治療をすれば良いのでしょうか。
たとえばバイパス手術が行われることがあります。
あるいはステント留置術というものも実施されます。
どのような治療法を選択するのかは医師から説明を受けて決めるべきです。
医師だけに任せるのではなくて、自分でも原因や治療法について勉強することが大切です。

 

 

たとえば胃と小腸をつなぐバイパス手術が治療として選択されます。
手術時間は2時間程度であり、これによってこれまで通りに食事できるようになるかもしれません。
結果については個人差があります。

 

 

十二指腸が狭窄してしまう方がいます。
この原因はいろいろなものがあります。
先天的なものであったり、胃潰瘍や胃がんに伴って発生してしまうこともあるのです。
治療法としてはバイパス手術が行われることが多いです。

 

スポンサーリンク