十二指腸癌になってしまう原因とは

十二指腸癌になってしまう原因とは

スポンサーリンク

 

十二指腸癌という病気があります。
こちらはあまり聞いたことがないという方が多いでしょう。
どのような病気にも原因があると考えられているのですが、それではこちらの病気の原因は何なのでしょうか。
説明しましょう。

 

 

【十二指腸癌とは】

 

小腸の中には十二指腸や空腸、回腸が含まれています。
このうち十二指腸に癌ができてしまうことがあるのです。
いろいろな腫瘍が発生することが知られています。
神経内分泌腫瘍が最も多く、次に腺がんが多いです。
症状としては最初の頃は無症状であることが多いです。
そのため、多くは高度に進行してしまった状態で発見されます。
進行していると腹痛や貧血、黄疸が出るといった症状がでます。

 

 

【十二指腸癌の原因】

 

原因については不明とされています。
リスク因子としては自己免疫疾患やリンチ症候群、家族性大腸腺腫症といった遺伝性疾患などが知られています。
そもそも症例が少ないのです。
これから原因が明らかにされるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

【十二指腸癌の治療法】

 

それではどのように治療するのでしょうか。
基本的には病巣を切除するのが主な治療法となります。
初期の場合は内視鏡的切除が行われて、ステージが進行している場合は外科的切除をします。
症例が少ないため標準治療は存在していません。
そのため、慎重に経過観察をしていくのが一般的となっています。
ステージが進行していたり、再発した場合には化学療法による治療が行われます。

 

 

【十二指腸癌の予防法】

 

こちらの癌は原因が分かっていないことが多く、確実な因果関係というのは報告されていません。
そのため、予防のために何をするべきかはよく分かっていません。
それでも暴飲暴食を避けて、ストレスを抱え込まないようにして、規則正しい生活を送ることによって、リスクを下げられるでしょう。

 

 

十二指腸癌は症例が少ないために原因については分かっていないことが多いです。
治療としては病巣を切除するのが主な方法となっています。
これから研究が進められてどんどんいろいろなことが分かっていくでしょう。

 

スポンサーリンク