十二指腸ポリープができる原因について

十二指腸ポリープができる原因について

スポンサーリンク

 

十二指腸ポリープという病気があります。
これはどうしてできてしまうのでしょうか。
原因が分かれば、予防をすることができるでしょう。
こちらではそんな十二指腸ポリープに注目しています。
詳しい情報を提供しましょう。

 

 

【十二指腸にできるポリープとは】

 

十二指腸ポリープはよく聞くことの多い病気です。
ポリープというのは体の表面が盛り上がってしまうことです。
これが十二指腸にできたものが十二指腸ポリープです。
細胞が異常に増殖してしまい、それが隆起して突起物となってしまいます。
これは十二指腸だけではなくて、胃や大腸などにも生じます。

 

 

【十二指腸にポリープのできる原因】

 

ポリープの中でも十二指腸ポリープは特に珍しいものとされています。
症例としては1万人に2人から3人程度しか見られないものとされています。
発生頻度が高くないのです。
原因については現代の医学において明らかとされていません。
原因が分からないのは症例が少ないためです。
ただし、食の欧米化が原因ではないかとされています。

 

スポンサーリンク

 

【十二指腸ポリープの治療法】

 

原因が分からなかったとしても十二指腸ポリープは治療をすることができます。
基本的に症状はないため、そのまま放置しておくことが多いです。
ただし、1cmを超えるようになると内視鏡によって切除することが勧められるでしょう。
大きいものは癌と区別がつきにくくなるからです。
入院による治療が勧められています。

 

 

【予防法】

 

それではどのようにして予防ができるのでしょうか。
直接的な原因は分かっていなかったとしても、基本的な生活習慣を整えて、ストレスを溜めこまない生活をすることが有効であるとされています。
暴飲暴食はやめて、毎日の食生活はバランスのとれたものにしましょう。

 

 

十二指腸ポリープは症例がほとんどないため、まだまだ分かっていないことがたくさんあります。
そもそも原因が何かが分かっていないのです。
しかし、治療をすることは可能です。
予防をすることもできるでしょう。

 

スポンサーリンク