十二指腸ポリープの痛みやその他の症状への対処法

十二指腸ポリープの痛みやその他の症状への対処法

スポンサーリンク

 

小腸に関係するものとして、十二指腸ポリープという病気があります。
こちらには痛みがあるのでしょうか。
何か症状はあるのでしょうか。
あまり聞くことのない珍しい病気であり、痛みや症状について気になる方は多いはずです。
このタイプのポリープについて紹介しましょう。

 

 

【十二指腸ポリープとは】

 

十二指腸ポリープというのは十二指腸に見られるポリープのことです。
こちらはほとんどが良性であり、悪性のものは非常にまれとなっています。
そのため、基本的に十二指腸ポリープが発見されたとしても、経過観察となることが多いでしょう。

 

 

【十二指腸ポリープに痛みはあるのか】

 

十二指腸ポリープはそもそも頻度の高い病気ではないです。
自覚症状については痛みを含めてほとんどありません。
基本的には健康診断を受けたときに発見されることが多いでしょう。
症状は痛みも含めて基本的に存在しておらず、大部分は放置されるものです。
そのため、こちらが発見されたとしても、痛みや症状についてそれほど深刻に考える必要はないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【どのような対処法があるのか】

 

それでは十二指腸ポリープが発見された場合にはどんな対処法をとるべきなのでしょうか。
基本は経過を観察するのですが、もし1cmを超える場合には切除するという対処法がとられます。
この対処法が選択されるのは、大きいものについては癌と区別がつかなくなるからです。
ただし、十二指腸癌はポリープとは関係ないとされています。

 

 

また、十二指腸にポリープができないようにするための対処法は何かあるのでしょうか。
こちらの対処法は生活習慣を整えることとストレスを避けることです。
基本的な原因は分かっていなかったとしても、規則正しい生活を送っていればポリープができにくくなることは確かなのです。
また、ピロリ菌検査を受けておくこともおすすめします。
痛みや症状がないため、きちんと健康診断を受けて見つけましょう。

 

 

十二指腸ポリープには痛みも症状も特にありません。
基本的には放置されるものです。
ただし、ある程度大きくなったならば、切除をするという対処法があります。
規則正しい食生活を送り、ストレスを溜めこまないようにすれば予防できるでしょう。

 

スポンサーリンク