十二指腸ポリープが癌化してしまう可能性とは

十二指腸ポリープが癌化してしまう可能性とは

スポンサーリンク

 

十二指腸ポリープについて癌化してしまう可能性があるのではないかと心配している方がいるかもしれません。
癌というのはとても怖いものであり、できれば避けたいものです。
こちらでは十二指腸ポリープと癌化について説明しましょう。

 

 

【十二指腸ポリープとは何か】

 

ポリープは体のあちこちにできてしまうものです。
特に胃や腸の中にできることで知られています。
ポリープとは隆起していたり、盛り上がっているものの総称です。
十二指腸内にポリープができることもあるのです。
ただし、十二指腸ポリープはとても珍しいものとされています。
十二指腸ポリープの症例はほとんどないです。

 

 

【十二指腸ポリープはほとんどが良性】

 

もし十二指腸ポリープが発見されたとしても、悲観的になる必要はありません。
そのほとんどは良性だからです。
悪性のものが発見されることはほとんどないでしょう。
そのため、実際には十二指腸のポリープはそのまま放置されることも多いです。

 

スポンサーリンク

 

【十二指腸ポリープは癌化するのか】

 

それでは十二指腸のポリープが癌化してしまうことはあるのでしょうか。
癌化についてはその可能性はほとんどないとされています。
そもそも十二指腸にポリープができるのが珍しく、それが癌化する可能性はほぼないといえるのです。
そのため、癌化の可能性について心配する必要はありません。

 

 

【十二指腸のポリープの治療法】

 

それでは十二指腸のポリープはどのように処置されるのでしょうか。
もし発見されたものがどんどん大きくなっているのであれば、それは癌になっている可能性があるため、1cmを超えると切除します。
これによって癌と区別することができるのです。

 

 

癌化の可能性については症例がほとんどないため、気にしなくても良いでしょう。
こちらのポリープについてはよく分かっていないことが多いです。

 

 

十二指腸ポリープはとても珍しいものです。
症例はほとんどありません。
基本的にほとんどのものが良性とされています。
そのため、癌化する可能性はほぼないといえるでしょう。
ただし、1cmを超えるものについては切除されます。

 

スポンサーリンク