十二指腸潰瘍は病院の何科を受診するべきなのか

十二指腸潰瘍は病院の何科を受診するべきなのか

スポンサーリンク

 

病院では何科を受診するのか知っておくことが大切です。
それぞれの病気によって何科を受診するのか異なるからです。
それでは十二指腸潰瘍では何科を利用しなければいけないのでしょうか。
何科について解説しましょう。

 

 

【十二指腸潰瘍とは】

 

十二指腸潰瘍というのはさまざまな原因によって十二指腸の粘膜が傷つけられてしまい、粘膜や組織の一部がなくなってしまうという病気のことです。
症状としては胸焼けや上腹部の痛み、膨満感などが生じてしまうでしょう。

 

 

【病院で何科を受診するべきか】

 

それでは十二指腸潰瘍では何科を受診するべきでしょうか。
何科というのは素人には判断するのが難しい内容となるでしょう。
基本的には内科か消化器内科、胃腸科を受診すれば良いでしょう。
基本的に内科であれば幅広い病気に対して受診することができるためおすすめです。
明らかに十二指腸潰瘍であることが分かるならば、胃腸科や消化器内科を受診すれば良いでしょう。
ひょっとしたら他の病気と関係のある場合もあり、その場合は何科を受診するべきか医師が教えてくれるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【病院での検査内容について】

 

それでは十二指腸潰瘍で病院を利用するとどのような検査を受けることになるのでしょうか。
検査方法としてはバリウム造影検査や内視鏡検査、ピロリ菌検査といったものがあります。
病院でのいろいろな検査を通して実際に十二指腸のどこに潰瘍があるのか確認します。
また、他の病気との区別を着けるための検査も含まれています。

 

 

【病院での治療方法について】

 

しっかりと治療をすることができれば再発を防ぐことができます。
もしピロリ菌が見つかったならばそれの除菌をすることになります。
もしピロリ菌が見られない場合には潰瘍を完全になくすための治療が必要となるでしょう。
いずれにしても薬で治療することになります。

 

 

もし十二指腸潰瘍の疑いがあるならば、病院で何科を受診するべきかというと、内科や消化器内科、胃腸科などを利用するべきでしょう。
これらならば十二指腸の検査や治療にしっかりと対応してくれます。
さまざまな原因が考えられます。

 

スポンサーリンク