十二指腸潰瘍で入院する際の期間や費用について

十二指腸潰瘍で入院する際の期間や費用について

スポンサーリンク

 

十二指腸潰瘍になってしまうと手術をしなければいけないことがあります。
その場合入院することになるのですが、どのくらいの期間と費用が必要となってしまうのか気になる方は多いでしょう。
これらの目安を説明します。

 

 

【十二指腸潰瘍で入院は必要なのか】

 

十二指腸潰瘍というのはさまざまな原因によって粘膜が炎症してしまう病気のことです。
こちらの治療は通常薬を用いることになります。
内科的治療だけで治ることが多いのです。
ただし、中には薬剤を用いても、ピロリ菌を除菌しても治らない場合があります。
この場合は薬だけでは治らないため外科的な治療として手術をすることになるのです。

 

 

十二指腸潰瘍の手術では大網被覆術が行われます。
こちらの手術では入院しなければいけません。
合併症が生じることもあるため、手術後もしっかりと検査をして状態を把握しなければいけないからです。

 

スポンサーリンク

 

【十二指腸潰瘍の入院費用について】

 

それでは十二指腸潰瘍の入院ではどのくらいの費用がかかってしまうのでしょうか。
基本的に保険の適用を受けることができます。
医療費は1日あたり3万円近くかかり、最終的に費用としては50万円ほどかかってしまいます。
しかし、高額医療費制度の適用を受けることもできるため、それと保険適用を考慮すれば実際に負担する費用は10万円以下となるでしょう。
ただし、治療費用というのはあくまでも目安であり、個別の状況によって大きく変化するでしょう。

 

 

【十二指腸潰瘍の入院期間について】

 

それではどのくらいの期間入院しなければいけないのでしょうか。
期間については2週間から3週間が一般的となっています。
ただし、これはあくまでも目安の期間です。
期間についてもそれぞれの状態によって大きく変わるでしょう。

 

 

十二指腸潰瘍で手術を受ける場合は入院期間はだいたい2週間から3週間となっています。
費用については保険が適用されたり、高額医療費制度があるため、総額は10万円以下となることが多いでしょう。
ただし、個別の状況で変化することがあります。

 

スポンサーリンク