胃潰瘍 手術 入院期間

胃潰瘍の手術と入院期間について

スポンサーリンク

 

胃潰瘍になると腹痛、吐き気、嘔吐、食欲低下などの症状が出ます。
その原因はさまざまなものが考えられています。

 

ストレス、暴飲暴食などの生活習慣の乱れ、ピロリ菌などさまざまなものがあります。
では入院が必要である場合と期間についてお話していきましょう。

 

この病気は一般的に胃に穴があくとされていますがその症状が軽度なものであれば薬物療法を行います。
多くの場合は通院のみで対処が可能と言っていますが症状が重い場合には入院が必要となり、時には手術が必要になる場合があります。

 

必要になる場合の症状は吐血や激しい痛みが目安と考えられます。
吐血をしていると出血が大量な場合がありますので止血をしなくてはいけませんので内視鏡や開腹手術によって止血を行います。

 

他にも黒い便や貧血などの症状が出ている場合にも出血が疑われます。
このように出血性の胃潰瘍と疑われる場合には緊急の入院をする必要があります。
まずは点滴が行われると思いますがそれと同時に採血も行われます。

 

スポンサーリンク

 

検査は内視鏡によって行われます。
内視鏡を行うことによってカメラからの映像で胃の中の状態を見ることが出来ます。

 

出血が見られた場合にはクリップで止血を行ったり、レーザーなどによって止血を行います。
ただし内視鏡で処置が出来ないような場合には開腹手術へと移行する場合もあります。

 

このような治療が行われるので期間はおよそ1週間〜2週間程度となる場合が多いです。
手術や上記のような治療を行った場合には絶食となることもあります。

 

1日か2日で再度検査をして出血が止まっていれば食事を取ることが出来ますが、通常の食事ではなくおかゆなどの流動食からスタートします。
その後も胃の様子を見ながら通常の食事へと戻していきます。

 

ただしこの期間はあくまでも軽度な場合となります。
個人差はありますので詳しくは医師に確認するようにしてください。

 

このように症状が悪化してしまうと重症化して期間は長くなってしまう恐れもありますので早期治療を心がけましょう。

 

スポンサーリンク