胃潰瘍でピロリ菌いない場合の原因とは

胃潰瘍でピロリ菌いない場合の原因とは

スポンサーリンク

 

胃潰瘍の原因と考えられるのはピロリ菌なのですが、人によってピロリ菌いないというケースもあるでしょう。
この場合、どうして胃潰瘍になってしまうのか、その原因が気になる方は多いでしょう。
この点について説明しましょう。

 

 

【胃潰瘍とピロリ菌の関係】

 

胃潰瘍というのは細菌によって引き起こされることが多いです。
そして、多くの胃潰瘍の患者はピロリ菌に感染していることが分かっています。
そのため、ピロリ菌を除去するべきと話題になっています。
ピロリ菌を除去してピロリ菌いないという状況になれば、病気を避けられるかもしれないと考えられているのです。

 

 

【ピロリ菌いないのに胃潰瘍】

 

ただし、ピロリ菌いないにも関わらず胃潰瘍になってしまう方もいます。
胃の潰瘍というのはピロリ菌いない状況であってもなってしまう可能性があるのです。
さまざまな原因が考えられるからです。
胃に炎症が起きてしまう原因はたくさんあります。

 

スポンサーリンク

 

【ピロリ菌いない場合の原因について】

 

たとえば痛み止めとしてNSAIDを処方されていたり、低用量アスピリンを服用していると胃潰瘍になってしまいます。
ピロリ菌以外の成因としてこれらはよくみられるものとなっています。

 

 

他にも過度のストレスや暴飲暴食などが引き金となってしまい、それが粘膜の血流を低下させてしまったり、胃酸を増やしてしまい、胃の中を荒らしてしまうこともあります。
これによって潰瘍ができてしまうことがあるのです。
胃というのは粘膜によって守られているのですが、その防御機構が破壊されてしまうと潰瘍になりやすくなるため注意しましょう。

 

 

そのため、ピロリ菌がいないからといって油断してはいけません。
普段から生活習慣を整えて、食生活やストレスにも対処しましょう。

 

 

ピロリ菌いないにも関わらず胃潰瘍になってしまうのは、いろいろな原因が関係しています。
薬の影響だったり、普段の生活習慣やストレスが原因となっていることもあります。
そのため、ピロリ菌がいなくても油断をしてはいけません。

 

スポンサーリンク