胃潰瘍瘢痕で胃がんの精密検査の必要性

胃潰瘍瘢痕で胃がんの精密検査の必要性

スポンサーリンク

 

胃潰瘍瘢痕があることが検査によって発見されることがあります。
この場合、果たして胃がんの検査も受ける必要があるのでしょうか。
精密検査の必要性について疑問を抱いている方がいるかもしれません。
その疑問に答えましょう。

 

 

【胃潰瘍腫瘍とは】

 

胃潰瘍瘢痕とは潰瘍が治り傷痕として残った状態のことをいいます。
したがって、胃潰瘍瘢痕が発見されるということは、そこに胃潰瘍があったという証拠となるでしょう。
胃潰瘍になったとしても、それに気が付かずに自然治癒しているケースもあるのです。

 

 

【胃潰瘍瘢痕と胃がん】

 

それでは胃潰瘍瘢痕と胃がんにどのような関係があるのでしょうか。
胃潰瘍瘢痕と胃がんというのは見た目が似ているのです。
そのため、注意深く観察しないと本当は胃がんだったのに、それを胃潰瘍瘢痕として処理してしまうケースがあります。
そのため、医師はしっかりと生検をして、診断をつけることが必要です。

 

スポンサーリンク

 

【精密検査の必要性】

 

それでは潰瘍瘢痕が見つかったとして、胃がんの精密検査を受ける必要性はあるのでしょうか。
基本的に健康診断で潰瘍瘢痕の疑いがあるならば、精密検査を受けることを医師から勧められるでしょう。
もちろん、特に問題がなかったというケースもあるのですが、実は胃がんだというケースもあります。
がんを見つけることができたならば、早期治療をすることによって症状があまり深刻な状態になるまえに完治できるでしょう。
やはり検査は必要といえるでしょう。
必要かどうかは医師がしっかりと判断してくれます。

 

 

【精密検査の内容】

 

それでは実際にどのような精密検査を受けることになるのでしょうか。
内容は多岐にわたり、血液検査や内視鏡検査、胃X線検査などを行います。
生検をして、病理検査や病理診断をすることで確定診断ができます。
必要な検査をきちんと医師は提案してくれるでしょう。

 

 

胃潰瘍瘢痕が見つかると、それが胃がんの兆候である可能性もあるため、精密検査を勧められることになります。
がんを見逃してしまうと取り返しの付かないことになるため、検査は必要でしょう。
検査によってがんの有無が分かります。

 

スポンサーリンク