吐血や下血を伴う胃潰瘍の原因と治療について

吐血や下血を伴う胃潰瘍の原因と治療について

スポンサーリンク

 

現代社会はさまざまなストレスが多くなっています。
生活習慣も多様化し、過度の喫煙や飲酒などが原因でさまざまな病気を引き起こしています。
その影響を直接受けやすいのが胃や腸などお腹の器官ですが、ひどくなると吐血や下血を伴うこともあります。
ここでは徐々に増えてきている胃潰瘍について、その原因と治療についてまとめてみます。

 

 

【胃潰瘍の原因】

 

普段気づかない間に、毎日働いている胃には相当な負担がかかっています。
胃潰瘍の直接の原因としては、60%〜70%がピロリ菌であるとわかってきましたが、消化の悪いものの食べ過ぎや不規則な時間の食事などの他、喫煙、アルコール、精神的なストレスも原因となりやすく、胃の神経に作用してしまうものです。
なんとなく胃の調子が悪いとか、むかつきがあるなどの自覚症状で市販の胃薬などを服用しているうちに悪化して胃潰瘍となり、さらに進行すると、吐血や下血などの思わぬ症状が現れてしまうこともあります。
吐血や下血は潰瘍の中でもかなり症状が進んでしまっている危険な状態です。
特に急な吐血や下血は精神的にも大きな不安をもたらし、それだけでもさらに大きなストレスになります。
そうなる前に原因を見極め、適切な治療を受けましょう。

 

スポンサーリンク

 

【胃潰瘍の治療】

 

吐血や下血など、消化管からと思われる何らかの症状が診られた場合は、胃カメラなどの内視鏡検査やバリウム検査、血液検査などを経て、その原因となる病気を特定します。
その上で胃潰瘍であることが判明した場合の治療としては、まずは胃酸を抑制する薬剤を服用したり、胃の粘膜を保護する薬や胃の運動を活性化し、長く胃に留めないようにする薬を使います。
また、ピロリ菌がある場合は、除菌治療を行います。
さらに、潰瘍からの吐血や下血があると判断された場合、放置するのは大変危険ですので、早急に止血を行わなければなりません。
内視鏡を使ってクリッピングというホチキスのようなもので止めたり、出血部位に直接薬を注入する内視鏡止血術を行います。

 

 

ストレスや生活習慣が原因となり、最近増えてきている胃潰瘍ですが、吐血や下血を引き起こす前に原因を見極め、早めに治療することが必要です。
市販薬で効果がなかなか見られない場合は、なるべく早めに専門の医療機関を受診し、治療することをお勧めします。

 

スポンサーリンク