胃潰瘍の治療中の下痢は副作用の初期症状か

胃潰瘍の治療中の下痢は副作用の初期症状か

スポンサーリンク

 

胃潰瘍の治療のために薬物治療として処方される薬の中で、副作用を起こすものがあります。
その副作用の初期症状の一つとして下痢がありますが、それはなぜ起こるものか、また、下痢になった場合の対応策についてまとめてみました。

 

 

【胃潰瘍における薬物治療とその副作用】

 

胃潰瘍は、日々の生活のストレスや生活習慣などを原因として発症する、胃や腹部の痛みを伴う病気です。
胃潰瘍における薬物治療としては、胃の粘膜の働きを強化するための薬や胃酸を抑える薬、ピロリ菌に対する薬などが処方されます。
胃酸を抑えて粘膜を保護するような薬は、胃酸を抑える効果があるあまり、うまく消化できないという状態のまま腸へ流れたりという、胃の中での消化不良な状態とともに、殺菌効果が薄れてしまいがちです。
そのために、腸への影響も大きく、その副作用の初期症状として、下痢を起こす場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

【初期症状としての下痢とその対策】

 

胃潰瘍の治療中、消化不良のまま、腸へ流れてしまうと、腸には大きな負担がかかり下痢になってしまうことがあります。
消化不良になる理由は、胃酸を抑制する薬を服用することによって、胃のバリア機能も弱まり、細菌が増えるためです。
下痢は、胃潰瘍の治療中に起こる副作用の初期症状とも言えますので注意が必要です。
もしもなってしまった場合の対処方法としては、まずお腹を冷やさないようにし、横になって安静を保ちましょう。
症状が重い場合は、食事を止め、様子を見ます。
治まってきたら、流動食など消化の良いものから食べるようにします。
しばらくは、繊維質が少なく栄養価の高いものを柔らかくして食べたほうがよいでしょう。
また、下痢を初期症状とする食中毒も起こしやすいので、手洗いなどは十分に行いましょう。

 

 

胃潰瘍の治療中に処方された薬を服用すると、副作用が起こる場合があります。
その副作用の初期症状として、下痢を起こしやすくなる場合も多いため、注意が必要です。
万が一下痢の症状があった場合は、腹部を冷やさず、様子を見ながら柔らかい食事から徐々にいただくようにするとよいでしょう。
副作用を悪化させないようにするためにも初期症状を見逃さないようにすることが大事です。

 

スポンサーリンク