胃潰瘍 薬 効かない

胃潰瘍で薬が効かない場合に考えられる原因とは!?

スポンサーリンク

 

胃潰瘍になる原因にはさまざまなことが考えられます。
多くの人はストレスでなるというイメージを持っている人も多いと思います。

 

それは正解で代表的なものはストレス、他にも薬が原因によるもの、日常生活の乱れ、細菌によるものが挙げられます。
その症状はさまざまで胃の痛み、腹部の痛み、吐き気、下痢、嘔吐などの症状が現れます。

 

その治療方法は多くの場合が薬物治療によって行われます。
症状が悪化している場合には外科手術や内視鏡によって手術が行われる場合もありますが症状が軽度な場合には薬と食事制限によって行われます。

 

H2ブロッカーなどの酸分泌抑制剤などを使用して行われます。
この期間中に服用をやめることは再発の恐れが出てしまいますのでやめましょう。

 

しかし自己判断でドラッグストアなどで市販薬を使用することも危険となります。

 

胃潰瘍だとわかっていれば胃酸を抑制するものを服用すると思いますが市販の物には胃酸を促進させるものも販売されていますのでそのようなものを服用してしまうと症状は悪化してしまいます。

 

スポンサーリンク

 

この場合は薬剤師に相談するようにしましょう。
誤ったものを服用すると効かないだけでなく悪化させる原因となってしまいますので注意してください。

 

効かない場合には他の病気ということも考えられます。
内臓系の病気の場合は症状が確定的ではないことも多いです。

 

例えば盲腸の場合は右下腹部に痛みが出ると言われていますが左下腹部に症状が出る人もいます。
このように症状というのは確定的ではないことがあるのです。

 

万が一胃がんなどを発症していた場合は早期治療が最重要になります。
病院へ行って内視鏡検査などを受けていればその心配はありませんが病院を受診していない人は注意が必要です。

 

効かないというのは危険な場合もありますので再度病院を受診し医師に相談するようにしましょう。

 

また食事も大切で胃に優しいものを食べていれば大丈夫ですが発症しているのに脂っこいものやアルコールなどを飲み過ぎてしまうことは効果が薄くなってしまうだけでなく悪化の恐れもあるので注意しましょう。

 

スポンサーリンク