胃潰瘍 痩せる

胃潰瘍で痩せる原因とは!?胃は体重に影響が出る??

スポンサーリンク

 

胃潰瘍とは何らかの原因によって胃の粘膜が傷つけられただれてしまったり、炎症を起こしたりする病気です。
ストレス社会と言われて現在では珍しくない病気と一つとなっています。

 

以前は50代の女性や男性も多くみられていましたが現在では若い世代の人もにも多く見られるような病気となっています。
その大きな原因は「ストレス」です。

 

過労や睡眠不足、不安、対人関係などのようなストレスが胃の粘膜を薄くしてしまいこのような状態が引き起こされます。
その症状は腹部の痛み(みぞおち付近)、胃の不快感、吐き気、背中の痛み、嘔吐などさまざまな症状が出てしまいます。

 

この病気で痩せる原因というのは食欲不振や下痢、嘔吐などによって起こるものと考えられます。
胃の調子が悪く食欲不振になってしまうと物が食べられなくなってしまいますので栄養を吸収できません。

 

それによって体重に影響が出ているとも考えられます。
また食欲不振でなくても下痢や嘔吐をすることも原因と考えられます。
下痢になっている場合は消化不良となっています。

 

スポンサーリンク

 

本来であれば胃腸で栄養とともに水分も吸収されるのですが消化不良によって吸収されていません。
そのため水分を含んだ便となってしまいます。

 

嘔吐をしている場合も同様です。
胃腸の中で吸収されるはずの食べ物が消化されていませんので体重に影響が出ていると考えられます。

 

このように痩せる原因は胃潰瘍の症状が深く関係しています。
他にもこの病気の治療方法が影響をしているとも考えられます。

 

それは治療を行う際には主に薬物治療によって行われるのですが医師から食事制限も言われる場合が多いです。
その際にはバランスの良い食事や規則正しい生活をするように言われると思います。

 

暴飲暴食はもちろんのこと、アルコールの飲み過ぎなどの胃に負担がかかることは避けるのも治療の一つです。
痩せるということはこのようなことが原因と考えられますので体重に影響が出るのは仕方ないかもしれません。

 

しかし過度に体重が減るような場合には医師に相談するようにしましょう。

 

スポンサーリンク